2007年07月19日

奇跡・・・・

kiseki_002.jpg


昨日、何気なくTVをつけると結婚式をやっている番組がありました。
映っていたのは、とても若くてかわいい幸せそうな花嫁さんでした。

でもその花嫁さんは、とても悲しいことに、
末期ガンで余命一ヶ月を宣告されていたのでした。

父親、叔母さん、恋人、友人達は「奇跡」が起こることを信じていました。
「こんな優しくて、元気で、かわいい娘が死ぬわけがない!」と・・・。
でも、みんなの願いも虚しくその奇跡は起こりませんでした。
彼女は、結婚式から数週間後、24歳の若さで天国へ旅立ちました。

奇跡とは、病人が治り、死者が甦る、身の回りにとてもラッキーなことが
起る・・・・・etc.
一般的に、そのように思われていますし、私もそう思っていました。

でも、彼女は生前のインタビューで、明るくこう言いました。
「わたしが生きていることが、奇跡です。」と・・・・。

「美しい花が、枯れないことが奇跡ではなく、
美しい花が咲くことが奇跡なのです。」

奇跡とはきっと、そういう事なのでしょうね・・・・。


TV番組サイト
TBS・愛と生命と涙の全記録「余命1ヶ月の花嫁」
〜乳がんと闘った24歳最後のメッセージ〜
posted by roko-papa at 22:31| Comment(14) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、roko-papaさん。ななです。
ななも、この番組を見て泣きました。
千恵さんが、残り少ない時間を一生懸命生きている姿を見て奇跡が
起こってほしいと願いました。
どうしてこんな悲しいことが起きてしまうのでしょう?

ななだったら、千恵さんのようにできないと思います。
とても強くてステキな女性でした。
ご冥福をお祈りいたします。
Posted by なな at 2007年07月19日 22:46
こんばんは。

にくまれっこ世にはばかるの逆パターンですね。

みんなに愛される人は、神様も愛してしまう。
だから、はやく神様のもとに行ってしまうんですね。

花が咲くことが奇跡!

いい言葉ですね。

roko-papaさん、号泣?
Posted by tami at 2007年07月19日 22:53
roko-papaさん、おはようございます☆MILKです♪

私は残念ながら、この番組見損ねてしまいました(ノ_-。)
でも彼女の残したメッセージは
心にジンと伝わってきました

私も若い頃から入院したり、手術したりが多かったので
「生きている事」に有難さや不思議さを
感じて生きているほうです。

今日も私達に「今日」がある事
感謝しながら、生活していきたいと思います。
Posted by MILK at 2007年07月20日 10:37
こんにちは。
私もこの番組を見て泣きました。
3年前、私を可愛がってくれていた優しい叔母さんが亡くなったのとダブって、
忘れていた悲しみが甦ってきてしまいました。叔母さんも千恵さんみたいに、
若くて綺麗で元気で優しい、本当に素敵な女性でした。今でも叔母さんの
ことが大好きです。
Posted by みゆぅ at 2007年07月20日 11:04
こんにちわ、メグです。
え〜、メグはこの番組みなかったぞ〜!(泣)
なんかくやしい気分だな〜、再放送ないのかな?
再放送あったら、今度は見逃さないように録画するもんね!
Posted by メグ at 2007年07月20日 18:24
≫ ななさん
本当に千恵さんは、ビックリするほど前向きで素敵な方でしたね。
しかも結婚式の映像だけ見ると、「余命一ヶ月」なんてとても
信じられませんでした。運命の残酷さを感じます。
でも、確かに生きた時間は24年間と短かったですが、愛と感謝に
満ちた中身の濃い充実した人生だったと思います。
彼女の一言一言が、美しい宝石のようにキラキラ輝いていました。
Posted by roko-papa at 2007年07月20日 18:54
≫ tamiさん
ハハハ・・・・・、泣きませんでしたよ。(^^♪
嫁と娘は号泣しましたが、わたしは普通に見ていたので、
いつものように妻が、
「きっと、あなたは私が死んでも泣かないでしょうね!」との一言。

妻曰く、付き合ってから今までわたしが泣いたのを見たことないそうで
わたしを、クールな人間だと勘違いしているようです。

確かに今まで、いろんなことが起こりましたが泣いていませんね。
きっと、子供のころに父から「男が泣くのは、一生のうち3回まで。」と
教えられたからかな? 子供のころに、もうすでに3回泣いてしまって
いるので、もう泣けないのかも・・・・。(^_^;)
Posted by roko-papa at 2007年07月20日 18:57
≫ MILKさん
山あり谷あり・・・・・、いろんなことがありましたね。

でも明るく元気に力強く生きているMILKさんは、素敵だと思います。
人生を不平不満だけで終わらせるか、楽しいものにするかを
決めるのは、自分自身ですからね。(^O^)b

奇跡とは・・・、錯覚ではなく自分にとっての現実・・・・。
つまり自分自身の存在自体が、この世界のすばらしい奇跡
なのでしょうね。(^_-)-☆
Posted by roko-papa at 2007年07月20日 19:00
≫ みゆぅさん
「大好きです」・・・・・、とてもいい言葉ですね。
こころのこもった言葉は、聴いた人を必ず幸せにしてくれます。
なぜか、わたしまで幸せな気持ちになれました。p(^0^)q

天国にいる叔母さんも、今でもずっとみゆぅさんのことを
とても大好きで、いつも見守っていてくれていると思います。

毎日明るく楽しく過ごしましょう。(^^♪
きっと叔母さんは、みゆぅさんの楽しそうな笑顔が大好きな
はずですから。\(^o^)/
Posted by roko-papa at 2007年07月20日 19:02
≫ メグさん
残念だな〜!( T□T)

再放送? どうかな〜? だって、これが再放送だったんだよ!

でもまた、きっといつか再々放送があるかもしれないから、
チェックを忘れずにね!(・∀・)v
Posted by roko-papa at 2007年07月20日 19:08
こんばんは。
本当の強さとは、こういうことなのでしょうね。
私も今をできるかぎり一生懸命生きたいと思います。
Posted by かすてら at 2007年07月23日 23:15
≫ かすてらさん
ほんとうに大切なものが見つかると、人は強くなれるのでしょうね。
かすてらさんは、すでにたくさんの大切なものを持っているので、
きっと彼女と同じように強いと思いますよ。(*^-^*)

彼女の強さも彼女一人のものでなく、まわりにいる人々の愛や
優しさや励ましや願いや喜び・・・・etc。それらの一滴一滴が蓮の
葉の上で集まり大きな雫となるように、彼女の心を強く支えてくれた
のだと思いますね。(^-^)

彼女の「感謝という言葉では足りないくらい、みんなに感謝しています。」
というコメントがとても心に残りました。
わたしも今を一生懸命生きたいと思います。=^-^=♪
Posted by roko-papa at 2007年07月25日 19:17
>美しい花が咲くことが奇跡

なるほど。深く頷けます。
私達は奇跡の中に暮らしているのですね。

そのことに気づくのには、相当の・・・。
Posted by makimaki at 2007年07月28日 22:05
≫ makimakiさん
そうそう、私達は奇跡の中に暮らしています。

ミルちゃんの「お尻拭き」は、
奇跡以外のなにものでもありません。(^_-)-☆

彼女のかわいい仕草は、なぜか幸せな
気持ちにしてくれます・・・・。(^^♪
Posted by roko-papa at 2007年07月30日 22:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48532841

この記事へのトラックバック

愛と生命と涙の全記録"余命1ケ月の花嫁"~乳がんと闘った24歳・最後のメッセージ~
Excerpt: 途中からであったが、見始めて涙が止まらなかった。 長島千恵さん、24歳。2007年5月6日逝去。 この番組は長島千恵さんが余命1ヶ月を宣告された後亡くなるまでの1ヶ月余りを 父親、彼氏、親戚、友人と..
Weblog: ドラマ!テレビ!言いたい放題
Tracked: 2007-07-20 00:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。